アコムACマスターカードの審査方法は独自

審査が不安な方にスピード発行も可能なアコムACマスターカード。
電車やテレビなどでよく広告を見かけますね。でも、いまいちカードの特徴がわからないという方は是非ご一読ください。

アコムACマスターカードについて知っておく

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードの審査について

他のクレカとは異なる審査基準
アコムACマスターカードが審査する時に照会をおこなっている情報機関は一般クレジットカードとほぼ同じです

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC:貸金業法に基づく指定信用情報機関)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC:貸金業法および割賦販売法に基づく指定信用情報機関)
  • 全国銀行個人信用情報センター(zenginkyo)

ちなみにこの3機関は、三井住友カード(三井住友カードはVISAとMasterCardの2ブランドを発行)が審査時に照会している信用情報機関とまったく同じです。
ただ、カード会社が個人信用情報をチェックして入会の可否を判断する条件はそれぞれ違います。
アコムACマスターカードは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融会社アコムが発行するクレジットカードです。カードローン寄りのバランスで審査がおこなわれています。
【顧客の属性項目例】

  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 居住年数
  • 年収額
  • 現在の借入金額
  • 過去の返済事故
  • 現在のクレジット利用状況

一部挙げてみました。アコムはキャッシングで長年サービスを続けてきた金融会社ですから申し込み顧客を審査するのも視点は当然違ってくることは理解できます。

クレジットカードかキャッシング専用カードか

アコムにはキャッシング専用の「ACカード」部門もあります。

無人契約機でのやりとりでも、審査判断によっては「ACカード」発行をすすめる場合があります。
審査結果でショッピング枠が付いたACマスターカード発行が難しい場合、ただ突き放すのではなくキャッシング専用のACカードの存在を知らせてくれるのです。せっかく興味をもって申し込みしていただいた方に対して譲歩してくれるということですね。

アコムは全国を網羅する無人契約機を駆使して、クレジットカードであるアコムACマスターカードとアコムキャッシング専用ACカードのどちらかを提供できるという強みがあるからこそできるサービスです。

アコムという会社を知っておく

<三菱UFJフィナンシャル・グループ>
アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)は、1998年日本の消費者金融会社で唯一マスターカードの発行資格人としてのライセンスを得ました。2004年には三菱UFJフィナンシャル・グループと戦略的資本提携をなし現在に至ります。

<アコムのグループ企業>
EASY BUY Public Company Limited(タイ王国における無担保ローン事業ほか)
PT. Bank Nusantara Parahyangan, Tbk.(インドネシア共和国における銀行業ほか)
アイ・アール債権回収株式会社
エム・ユー信用保証株式会社
マルイトグループ(ホテルモントレー、隨縁リゾートほか)

ローンのほかに銀行業、しかも海外展開なんて結構グローバルな企業なんですね。

アコムACマスターカードのメリット

<負担の低いリボ払い専用カード>
アコムACマスターカードは「一括」払いでショッピングしても引落し日には自動的にリボ(定率リボルビング方式)決済になります。控えとして受け取るレシートには支払い1回と表示されますが、実際はリボ払いです。

<リボ手数料は高い?>
アコムACマスターカードでショッピングした場合のリボ払い手数料は年率で10.0%~14.6%
これが三井住友VISAだと18.0%、JCBカードでは少し低い15.0%。アコムACマスターカードのほうがコストは低いのが事実

<一括払いする方法あり>
アコムACマスターカードはリボ払いしかできないカードではありません。
20日迄の利用分(新規利用残高)を翌月6日迄に入金すれば利息手数料なしにできるんです。別に一回で入金するする必要はありませんよ。いつでも払いのように少しずつでも6日までに残高がなくなれば手数料は1円も発生しないということです。

<自由な支払い方法>
残高がある場合も、余裕がある時にいつでも追加で支払いができるのも便利なメリット。
銀行引落しや振込払いも可能です。
※ただ注意してほしいことはコンビニなどの提携ATMの場合、「借入」と「返済」両方で利用手数料108円(1万円以下)、216円(1万円超え)がかかってしまいます。いつでも払いで小額であっても入金する度に手数料を取られたらたまったもんじゃありません!
できるだけ入出金はアコム設置のATMでおこないましょう。利用手数料は一切掛かりませんから。

<クレヒスづくりに活用しよう>
通常の場合、カードをつくる時にクレジット利用の経験がまったく無いという方はちょっと困ったことになります。
通常なら家電や高額品の分割購入、自動車ローンなどがクレジットヒストリーとしての実績データになっているので、審査をおこないやすいのですが、このデータがまったくないという場合、顧客像が把握できません。そんな理由で審査落ちしてしまうケースがあります。他のカード発行社とは違う審査方法のアコムACマスターカードをつくってクレヒスづくりに活用しましょう。
金融機関は個人信用情報を共有しています。
個人信用情報機関が顧客の経済状況を把握する唯一の手段なのです。ショッピングやキャッシング利用して滞りなく返済していくことで、安定した経済状況をアピールすることができんですよ。

アコムACマスターカードは最短!即日発行

アコムACマスターカードはネット申し込みして最短1時間後に発行可能なクレジットカード
カード受け取りはお近くの発行機で夜10時まで可能。(一部店舗により異なる場合あり)
「キャッシング付き」または「ショッピング専用」を選んで申込みしてください。
国内・海外すべてのマスターカード加盟店で使えます。

アコムマスターカード発行機は年中無休、22時まで稼働しています(一部店舗によって21:00/21:30までの場合もあります)
ネットから申込みすれば、約1時間でお近くの無人契約機でカードの受け取りができるので便利です。

カード申し込みに必要なもの

カード発行のために最寄りのむじんくんで必要なものはわずかです。給与明細や収入証明があれば在籍確認のため勤め先への電話をスキップすることができます。

【1】身分証明書
運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意
【2】50万円超えなら収入証明書
希望枠が50万円を超える場合、収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)
※ 収入証明あれば在籍確認なし
勤務先への在籍確認電話は個人名でおこなわれます
収入証明・給与明細などがあれば電話は省略される場合があります

アコムACマスターカード早わかり

アコムACマスター カード
アコムACマスターカード MasterCard
1回払いで利用して自動的にリボ払いに
ショッピング専用かキャッシング付きを選択
利用枠10万~300万円
コンビニほか提携ATMでいつでも自由払い
一括払いもできます(6日迄の入金で利息なし)
利用明細郵送なし
安定収入あれば主婦も取得可能(専業主婦除く)
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
付帯保険 海外旅行
国内旅行
ショッピング他 紛失・盗難補償
紛失、または盗難にあった場合は、ただちに当社(アコム)に連絡のうえ
所定の届出書を提出。
最寄りの警察署にカードの紛失、盗難の届出をされた場合は、当社への届出日の60日前以降に行われたカード不正使用による損害は、当社が補てんします。
締め・引落 20日締め 翌月6日引落し
お支払方法 定率リボルビング方式
いつでもATM払い
発行日数 即日発行
郵送最短3営業日

お申し込み・公式サイト
ACマスターカードは最短即日発行

スマホ・PC対応


大阪市内でアコムACマスターカード即日発行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする